アルプスの麓にある自然豊かな環境で

img-taki

南信州ビールは1996年長野県第1号のクラフトビールメーカーとして誕生しました。 中央アルプスと南アルプス、二つの日本の屋根に抱かれた標高800mに位置する醸造所は、ビール造りに恵まれた環境。 この地は中央アルプス駒ヶ岳の雪解け水からなる清冽な地下水が、何年もの年月を掛けて天然のミネラル分を適度に溶かし込み、古くから名水として人々の喉を潤すとともに、日本酒やウィスキー、薬用酒などのお酒の仕込み水としても利用されてきました。花崗岩質の地層が濾過に適した伏流水は、柔らかな口あたりをビールにもたらします。 唐松林に囲まれた澄んだ空気と豊富な伏流水、二つのアルプスに抱かれた雄大な自然環境のなかで南信州ビールは醸造されています。

“心に響く”商品つくりを

現在、ビールは原料や製法、アルコール度数や香り、苦みや色味の違いにより、100以上ものスタイルに分類されています。 南信州ビールは「コク」「キレ」「苦味」「アルコール」「香り」など、さまざまな要素のバランスを意識し、それぞれの商品にベストなバランスを重視したビールに仕上げる事で、スタイルに囚われないオンリーワンの商品を提供しています。 また、南信州ビールは小さなブルワリーなので、製造のすべてを機械に託すことは出来ません。造り手と自然との密なやりとりを通じ、自然環境と向き合いながら、心から純粋に「おいしい。」と言って頂ける、飲んで笑顔になる商品造りを心掛け、真摯に製造に取り組んでいます。

商品紹介

pct_so-the_soul