2022年夏、南信州ビールは、
社名やビールづくりにかける情熱はそのままに、
新たなブランドとして生まれ変わります。

抜けるように青く、美しい空と白い雲。
中央アルプスのピュアで柔らかな口あたりの雪解け水。
そして、周囲をぐるりと取り囲む雄大な山々。

そんな豊かな自然環境の中で、私たち南信州ビールが目指すのは、
原材料をはじめ、仕込みから製造、出荷に至るまで、
すべての工程において一切妥協することなく自分たちの手で造りあげた、
南信州という土地の魅力とこだわりが詰まったビールです。

私たちが信じるビールを、ビールを愛するすべての人に。

まずはご自宅やお近くのタップルームで。
そして、できればいつか、南信州の抜けるような青空の下で、
見渡す限りの満天の星空の下で飲んでいただける日を
心よりお待ちしております。
NAMING
ブランド名に込めた思い
SCROLL

私たち南信州ビールの新たなブランド名である「ogna(オグナ)」は、
長野(NAGANO)を構成する4つの
アルファベット「N, A, G, O」を並べ替えた造語であり、
1996年に誕生した長野県第1号クラフトビールメーカーとして、
これからも長野という自然豊かな土地の魅力が詰まったビールを
作り続けていくという思いが込められています。

さらに「男の子」や「少年」を意味する日本古来からある言葉でもある
「オグナ(童男)」をブランド名として冠することを通じて、
探究心や冒険心を持ち続けることの大切さ、そして、
クラフトビールづくりにかける
純粋な思いやチャレンジ精神を表現しています。

AND MORE…
SEE YOU SOON!